借地権の存続期間

存続期間が賃借権の場合には決められます。
当事者によってこの賃借権の存続期間は決めることが可能で、範囲が20年以下になります。
当事者によって、この賃貸権の存続期間は決められないこともあります。
決められなかった場合は、賃貸権は存続期間の決めがないものになります。
そして、この賃借権に対して当事者は解約の申し入れがいつでも可能になっています。
存続期間の決めがない賃貸借の場合に、解約の申し入れをすれば、解約の申し入れ日から一定の期間が過ぎると賃貸借が終わります。
基本的に土地の場合の借地権は、1年が過ぎると賃貸借が終わるようになっています。

なお、存続期間が借地権の場合にもあります。
借地権の場合には、存続期間を30年以上の範囲で当事者は決められます。
存続期間を30年未満に決めた場合は、無効に決めた期間はなり、代わりに30年の存続期間に伸ばされるようになります。
また、存続期間を当事者によって決められなかった時も、30年の存続期間になります。

借地上にあった建築物が、借地権の存続期間中に無くなったような場合、初めの存続期間をオーバーして存続するような建築物を借地人が建てた場合、借地権の建てた建築物に対するものの存続期間はどのようになるのでしょうか?建てた建築物に関して、地主の了解を得ているのであれば、存続期間は基本的に建築物が建った日あるいは了解があった日のいずれか早い日から20年間になります。
本サイトでは、新法と旧法の存続期間、借地権の契約期間、存続期間を決めない、についてご紹介します。



◎注目サイト
借地権の相続や売買に関する相談が出来る借地権取扱店のサイトです ―> 借地権の相続

Copyright © 2014 借地権の存続期間とは All Rights Reserved.